折々記 〜 orioriki 〜

無駄なく生きたい40代主婦 ミニマルでシンプルな暮らしやお金のこと

日記

言い方一つ

仕事相手でも相手が非常識であれば折れずに闘ってしまう。
多分私の評価は二分していると思う。人によって態度が変わるから。
元来、非社交的なので努力しているが、根本は変えたくても変わらない。
さらに歳を重ねて世の中の不条理を感じるとともに更に頑固にもなってきた。
でも最悪美容師のこともあって、「いつもぞんざいな顧客」への対応を変えた。
ぞんざい返しせずに丁寧に、と当たり前のことをしただけだが、相手も柔らかくなった気がした。
言い方一つで気持ちも変わるものだ。



♪ご訪問ありがとうございました♪
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
  ブログランキング・にほんブログ村へ


美容院での怒りその後

パーマのかけ直しに行った。
担当が同じ人だったが、謝罪も無ければ、その後の様子を聞くでも無く、さらに感じが悪くなっていた。
彼女は淡々と黙々と作業を進めるが私はすっかり戦闘モードで、どうやってこの怒りを晴らそうかと考えていた。
彼女の映る鏡を見ずに目を三角にしてうつ向き、腕を組みながらマイナスの口コミコメントを考えては、また怒りを増幅させたりして過ごした。
また周りの他店に比べ口コミが少ない割に評価1が多いのを、ネットで冷ややかに見たりもしているうちに終わってくれた。
最後にかかり具合を聞かれたが、「もういいです」と言って店を出た。

違う担当の人は感じもよく丁寧で上手だったのに、残念な人に当たってしまった。
どうやって知らしめてやろうか、口コミで地獄に落とそうとしばらく考えていた。
が、だ。
1日たった今、その時間無駄じゃね?と急に面倒になってやめることにした。
もう関わることのない人のためにエネルギー使いたくないわ!
よく通るところなので潰れてるかどうかチェックしていこうとは思うけどね。


♪ご訪問ありがとうございました♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
 ブログランキング・にほんブログ村へ


怒りと損切り38万③

③義父に車をこすられる

家の前には私と夫、義父の3台を駐車している。
私が買い物から帰ると、義父がちょうど車を停めていた。
もう降りて来るだろうと思い、義父の車の前に進みバックで駐車しようとしたら、何故か義父が車を前進させてきた。
バックする間もなく迫ってきていて、クラクションを鳴らしたが気づかず、義父は前を見てもいない。
バンパーこすられたー。
大事にしている我が車。ショック!
なのに義父は謝りもせず、「そっちの方が(キズが)酷かったね」ってだけ…
「お義父さん見てなかったよね怒」と訴えたけど、家に入って行ったので、私も落ち着こうと一旦家に入る。
とりあえず夫にLINEしてみたが、義父の態度からすると私がぶつけたと勘違いしてるかもと思ってきて、
隣の義父母宅に乗り込んだ。
「お義父さん、私がぶつけたんじゃないよ。お義父さんが見ずに前進してきたんだよ。」
「わかってる?」「お義父さん謝りもしなかったよね。」
案の定、義父は義母にも言わないでいた。
いつもは互いに気を使い合う仲だが、今回は大人気なく声を荒げた。
義母が車を見て「ごめんねー、請求書回してね」って言ってくれて気が晴れたが、そのあとは夫だ。
LINEを見て電話してくれので状況を説明していたら、夫が義父の運転する周りは気を付けないとという発言をしたのでブッちぎれた。
「そんな人は運転しちゃだめでしょ?」
高齢者の起こす自動車事故が他人事でないのに。
義母は腰痛でここ数日寝込んでいた。
畑や庭が広大すぎるので縮小してほしい(遺されても困る)と言っても、夫は生きがいだからなと強くは言えない。その生きがいが腰と命を削ってるのに?
まだ介護は大丈夫だけど不安は不安。
ほんとしっかりしてー!
自分の老後も考えていかないとだわ。


♪ご訪問ありがとうございました♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
  ブログランキング・にほんブログ村へ


怒りと損切り38万①

ネタも感情の起伏もないとブログを書けなくなる。
そんな周期を脱する出来事がポツポツとあった。とりあえず3記事続きます。

①美容院で
パーマとカラーリングをしたものの、パーマが全くかかってないのに美容師にすっとぼけられた。
最後に洗髪した時点でかかってないなーと思ってたよ。
でも担当の美容師がドライヤーをかけ必死に手でウェーブを作ってフィニッシュ。
「カラーはこんな具合です」って後頭部を鏡で見せられてもね…
私はそういうのが嫌いなんだ。怒りましたよ、静かに。

私「パーマかかってないですよね。」
美「そうですか?スタイリング剤つけずに乾かしましたから。」
(この時点で認めてくれればよかったのに。)
私「残ってたパーマも伸びきってますね。」
美「…」(でも認めない)
    「きつくかけたら良かったですか?」
私「緩くとは言いましたけど、緩いのとかかってないのとは違いますよね。」
    「明らかにかかってないのに終わるんですか。こういうことは初めてです。かけ直し出来ます?」
美「…出来ます…」
(当たり前だろ。プロだろ?素人目に見てもかかってないのにスルーは無しだろ。もう一回修行し直してこい。)
また行って来ないとだわ。割と遠いとこなんで、時間と交通費返して欲しいわ。
先に認め、一言あれば違うのに。





♪ご訪問ありがとうございました♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
  ブログランキング・にほんブログ村へ


換気口に棲みついていたもの

リビングの換気口にはカバーが付いているが、その隙間から見える埃を見ないふりして約3年。
3連休最終日は家族全員が揃っていたので、男手を動員して掃除に励んだ。
ついでに気になっていた換気口の掃除を夫に頼んだところ事件が!
カバーを外した夫が「コウモリー」と叫んだのだ。
どうやら換気口に入り込んで出れなくなったコウモリが棲み着いていたようだ。
実は数年前からその換気口からは時々キーキーと音がするのでネズミかと子どもが怪しんでいたが、
風の強い時だけなので私はいつも、風だよ、と片付けていた。
それがコウモリだったなんて…

夫と息子に一任し、コウモリの捕獲が始まった。
相当ビビりながらもコウモリを引っ張り出し外に逃がし、中のフンやらを掃除し始めたらまた夫の悲鳴!
まさかの2匹目が奥にひそんでいたらしい。
腰が引けている夫を理解しつつもサクッと捕まえてよと思い始めた頃に捕獲と掃除が終了。
ほんとお疲れサマ。
天井に近い高いところだったのでこれまで手をつけなかったけど、私、やらないでいてよかった。

コウモリくんたちは何故か何年も生き続けていたようで、自力で飛び立っていったそう。
顔は結構可愛かったよと息子。
1、2cmの隙間があれば家の中に入り込めるらしく、糞害や感染症の恐れがあるので要注意。



♪ご訪問ありがとうございました♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
 ブログランキング・にほんブログ村へ



LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

ほおずき

40代主婦。4人家族。
無駄なく淡々と暮らしています。

ギャラリー
  • 娘の試練
  • 娘の試練
  • 夫婦の会話1分未満とブルーベリージャム
  • 夫婦の会話1分未満とブルーベリージャム
  • 夫婦の会話1分未満とブルーベリージャム
  • 夫婦の会話1分未満とブルーベリージャム
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: