息子高校の保護者会で進路についての説明がありました。
夫婦そろっての参加も多く、皆さん熱心にメモを取り聞いておられました。

わかって収穫だったことは、
息子が学力は高いものの部活と通学で勉強時間が少なく、
中学までの学力貯金を食い潰しているだけのやばいタイプであること。
母目線で勉強が足りないと言っても慣れっこになっているので、
学年全体における本人の現状を客観的に突きつけました、それ見たことかと。

また大学入試が改革される過渡期ですが、
新テストに向けて学校が十分対策を講じていることには安堵しました。
文科省の数理における研究指定校でもあり、どうなの?と思っていましたが、
あくまで進路の実現に生かすためのものであるとわかり、これも一安心。

結局わからないままなのは、入試での英語。
外部テストを入試にどう利用するのかまだ情報が流動的です。
中2で英検2級合格、その後準1級の壁が高く2度落ちています。
が、高校入試前にはスコアから見ると合格手前まで来ました
入試にその成績を利用できる(申請できる)のは高校3年時のみ。
しかもその時に受からなければダメ(でもスコアで見てもらえるのかな?)。
申請の回数も確か2回。
今後どう外部テストを受験していくか迷うところです。
英検以外に何を受験するかも含めて。

そんなこんなを息子と話す中で、
そもそもである将来進みたい方向が理系ではないと、本人も私も認識できてきました。
理数科に入っちゃってるので → ※  、そこのカリキュラムでは受けられない大学も出てきそうです。
得意な理数ですがそれを生かした道をイメージできず、
しかももしかしたら大学で6年間も勉強するというのは無いなとのこと^^;
また漠然と進みたいのは英語を生かした世界。うーん漠然。
でも理数科入っちゃたから、文理系?総合科学?的なところをめざすといいのかなと
ちょっと整理されてきました。
そうなると自分の事では無いのに不思議とやる気が出るものです。
私の場合は大学調べにおいてですが。
まずはパンフを取り寄せていきます。



♪ご訪問ありがとうございました♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へブログランキング・にほんブログ村へ