リビングの換気口にはカバーが付いているが、その隙間から見える埃を見ないふりして約3年。
3連休最終日は家族全員が揃っていたので、男手を動員して掃除に励んだ。
ついでに気になっていた換気口の掃除を夫に頼んだところ事件が!
カバーを外した夫が「コウモリー」と叫んだのだ。
どうやら換気口に入り込んで出れなくなったコウモリが棲み着いていたようだ。
実は数年前からその換気口からは時々キーキーと音がするのでネズミかと子どもが怪しんでいたが、
風の強い時だけなので私はいつも、風だよ、と片付けていた。
それがコウモリだったなんて…

夫と息子に一任し、コウモリの捕獲が始まった。
相当ビビりながらもコウモリを引っ張り出し外に逃がし、中のフンやらを掃除し始めたらまた夫の悲鳴!
まさかの2匹目が奥にひそんでいたらしい。
腰が引けている夫を理解しつつもサクッと捕まえてよと思い始めた頃に捕獲と掃除が終了。
ほんとお疲れサマ。
天井に近い高いところだったのでこれまで手をつけなかったけど、私、やらないでいてよかった。

コウモリくんたちは何故か何年も生き続けていたようで、自力で飛び立っていったそう。
顔は結構可愛かったよと息子。
1、2cmの隙間があれば家の中に入り込めるらしく、糞害や感染症の恐れがあるので要注意。



♪ご訪問ありがとうございました♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
 ブログランキング・にほんブログ村へ