昨夜久しぶりのママさんからLINEがきたが未返信のまま。
去年までの私ならスルーも放置もせず誠心誠意を持って応えていただろう。
内容は地区の運動会が近々ありそのママさんとは同じ組なのだが小学生の参加が少ないので、
出来れば出てほしいというものだった。
大きい地区なので結構な規模の運動会で、商店街の商品券など景品もそこそこ出る。
去年一昨年は娘の英検受験と重なっていて堂々と不参加に出来たが、
今年は日が重ならなかった、残念。
これがこのママさんからでなく、何の遺恨もない人からなら、すぐ出るわって返信したかもしれない。
つまりLINEのお願いを断りたい、うんと言いたくない自分がいる。

前に運動会に出た時に近所のそのママさん含め、みな仲良しグループで楽しくやっていた。
娘は仲良しを見つけ楽しめるが、地元出身ではない私はなじめずに居心地が悪かった。
なのにうっすら知っている人に年代別のリレーに出てと頼まれ、痛い腰を気にしつつ、プリプリ腹立ち紛れながらも必死に走ったのに誰にも声をかけられず帰った苦い思い出がある。
そしてそのママの娘は同じ学年だが、優等生キャラなのにうちの娘とは遊ばない。
旦那さんは愛想のない人で挨拶も無いので、会ってもこちらからもしなくなった。
息子とそのうちの息子は一年違いで同じ部活だったが、遠征の送迎の数が足りない時に、仕事なんでーといつも不可だった。

去年までの自分なら、その状況状況を読んで、自分を殺してでも無理をし、大人の対応をしていただろう。
波風立てないためにもそうするべきと思わないでもないが、これまで気を使いすぎてきたツケが回って、
もう無理しない、いい人をやめてやろうと吹っ切れてもいる。
だから授業参観なんか気が乗らないとか人に会いたくないとかなら行かない。
行っても愛想よく振る舞わない、自然体つまり無表情。
地区での会合とかも役割が無い以上は出ない。
なのにどこか罪悪感は残る。
早く子どもが自立してほしい。
誰も知らない地でもっとひっそり暮らしたい。

とりあえず人として、LINEの返信はするもののどう返そうか思案中。




♪ご訪問ありがとうございました♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
  ブログランキング・にほんブログ村へ